よくある質問

学校について

現在の英語力に全く自信がありませんが、留学可能でしょうか?

現時点で英語が全然話せないという方でもご留学いただけます。初心者の方でも周りを気にせず学べるマンツーマン授業が中心のカリキュラムとなっていますので心配ありません。また当校では、「日本語による独自の文法解説動画」、「初心者の方でも話しやすい講師」を用意してお待ちしておりますのでご安心ください。

年齢制限はありますか?

当校では安全上の理由から、18歳未満の方の単独留学はお受けしておりませんが、学生、社会人、退職者など、幅広い年齢層の方向けにカリキュラムをご用意しております。

どれくらいの留学期間が一般的でしょうか?

当校では、1週間の短期留学から、24週間以上の長期留学までお受け入れ可能ですが、一般的には4~12週間で留学されれる方が多くなっています。そして期間が長くなるにつれて英語力の伸びをご実感・満足いただけることが多いです。

祝日には授業はありますか?

フィリピンの祝日には学校は休講となります。
※今年の祝日についてはこちらをご覧ください。

寮のチェックイン・チェックアウトの時間は決まっていますか?

チェックイン: 日曜日午前0時~月曜日午前6時。
チェックアウト: 土曜日の昼の12時までにチェックアウト。
※土曜日到着、延泊等は追加料金が必要になります。前泊や延泊に関しては、部屋の空き状況によってはお断りする可能性もありますので、予めご了承ください。

寮に滞在せずに、通いで授業だけ受けることはできますか?

恐縮ながら、当校は全寮制のため通いでの留学は受け付けておりません。

留学生活について

初日(月曜日)や土日に授業はありますか?

登校初日(月曜日)は、午前中にオリエンテーションとレベルチェックテスト、午後に両替と買い出し、という流れで、授業は火曜日スタートとなります。ただし、1、2週間の短期留学の方でご希望者には、月曜日の午後に2コマの授業を提供いたします。(ショッピングモールへは、授業後に各自行っていただく形になります。)
また、土日・祝日は、授業は行われません。

食事、掃除、洗濯について教えてください。

食事:日本人の口にあう料理を、月~金曜日は三食(朝、昼、夜)、土日・祝日はブランチのみ提供いたします。
掃除:週2回、部屋のお掃除サービスをご利用いただけます。
洗濯:当校の入居するコンドミニアム一階のランドリーショップをご利用ください(1kg当たり28ペソ~=約70円~)。洗濯物は、通常翌日の午後にお受け取りいただけます。

温水シャワーは使えますか?

はい。全室温水シャワーをご利用いただけます。

学校の校則について教えてください。

校則についてはこちら をご覧ください。

寮の部屋でインターネットに接続できますか?

はい。ご自身のお部屋の他に、教室、学生ラウンジ、自習室で、光回線を利用した無線LANインターネット接続が可能です。
ただし、フィリピン全土でにネット環境が脆弱なため、日本ほどはスムーズにつながらないこともございますので、何卒ご了承ください。

学内外でチップは必要ですか?

学内サービスに対するチップは不要です。
中級以上のレストランを利用する場合、数十ペソのチップを置いていくフィリピン人もいます。
安価なマッサージショップでは、施術後に20~50ペソ程度のチップをにマッサージ師に手渡すか、マッサージベッドに残しておくのが一般的です。(チップは強制ではないので、あくまでも参考としてください。)

現地到着後に支払うお金について教えてください。

現地諸費用についてはこちら をご覧ください。

留学期間の延長や、コース・お部屋タイプの変更は可能ですか?

はい、可能です。お気軽にオフィスまでご相談ください。
留学前から、延長の可能性がある場合は、復路便の日付変更が可能なOPENチケットの航空券がお勧めです。
なお、延長やコース、お部屋タイプの変更(アップグレード)に伴う差額は、日本円またはペソ現金でお支払いいただいております。(コース・お部屋タイプのダウングレードをご希望の際は、恐縮ながら差額の返金はございません。)

学校から空港への送迎サービスはありますか?

ご帰国時には、生徒様各自で空港までタクシーで向かっていただく形となります。セブのタクシーは24時間稼働しており、コンドミニアムの警備員に頼んで、タクシーを呼んでもらえます。深夜早朝便等でタクシーでの移動がご不安な場合は、日本人経営のレンタカー会社の送迎サービス(有料)もございます。お気軽にご相談ください。

留学準備・ビザについて

航空券や海外旅行保険の手配は学校にお願いできますか?

当校では航空券や海外旅行保険の手配は代行しておりません。お客様ご自身での手配をお願いいたします。
日本からセブへは、フィリピン航空(成田、羽田、名古屋、関空からセブ直行)、アシアナ航空、大韓航空(仁川経由)、セブパシフィック航空(関西、名古屋、福岡からマニラ経由、または成田からセブ直行)、バニラエア(成田からセブ直行)等の路線がございます。海外旅行傷害保険選びの最大のポイントは、セブの総合病院にある、『ジャパニーズヘルプデスク』(日本語で受診をサポートしてくれる機関)が利用できる保険会社であることです。
12週間以下の留学の場合は、クレジットカードの付帯保険を利用される方もいらっしゃいます。カード会社によって補償の内容が異なりますので、事前にご確認くださいませ。

ビザの延長手続きについて教えてください。

滞在期間に応じて、現地でビザの延長を行う必要がありますが、手続きは当校で代行いたしますので、ご安心ください。
*ビザ延長手続きについて(日本国籍の場合)
到着時30日間有効
1回目  8週間滞在可能
2回目 12週間滞在可能
3回目 16週間滞在可能
4回目 20週間滞在可能
5回目 24週間滞在可能

証明写真は必要ですか?

ビザ延長手続きとSSP(フィリピン就学許可証)申請のための証明写真は、初日の月曜日に当校にて撮影・プリントをいたしますので、日本で事前にご用意いただく必要はございません。

事前学習は何をしたらいいですか?

当校では、初心者から上級者まで、英語レベルに合わせたカリキュラムをご用意しておりますが、より効果的に授業をお受けいただくため、留学前に、ある程度の英単語・熟語を学習して来られることをお勧めします。特に、「Z会発行 松本茂 速読速聴・英単語」シリーズを推奨しております。初心者(中学英語の復習から)にはBasic、初級者(日常会話を鍛える)にはDaily、中上級者にはOpinionが該当します。1~8週間留学でしたら1冊、9~12週間留学で2冊、13週間以上ですと3冊程度ご購入いただき、留学中も自習にお役立てください。

フィリピン入国・セブ到着日について

フィリピン入国時の注意点はありますか?

お手持ちのパスポートの有効期間が「滞在日数+6ヶ月以上」残っていることを必ずご確認ください。また、フィリピン出国用の航空券(日本または第三国行き)が必要です。片道チケットや、復路の日付が入っていないOPENチケットでは入国できません。

セブに深夜到着の便でも、空港ピックアップサービスはありますか?

はい。当校フィリピン人スタッフによる空港から学校への送迎サービスを有料にてご利用いただけます。なお、日本人のアテンドをご希望される場合や、21時~9時の間の送迎サービスにつきましては、別途追加料金が発生いたします。空港の待ち合わせ場所に、当校のサインボードを持ったスタッフがおりますので、それを目印にお探しください。

空港で両替したほうがいいですか?

日本の空港でのフィリピン通貨ペソへの両替は、レートが大変悪いため、お勧めいたしません。マニラやセブの空港にも、24時間営業の両替所がありますが、街なかに比べるとレートが悪いです。初日の月曜日には、当校スタッフがレートの良い両替所にご案内いたします。

フィリピン・セブ島について

生活面で注意することはありますか?

セブシティーはフィリピンの中でも比較的安全な地域ですので、過度に怖がる必要はありませんが、スリやひったくりといった軽犯罪、また外国人を狙った詐欺事件などもまれにございます。こちらの資料に、安全にお過ごしいただく為のポイントをまとめておりますので、是非ご覧ください。

日本の電化製品は使えますか?

フィリピンは220ボルトの60ヘルツで、寮の部屋では、日本と同じAタイプのプラグ形状に対応しています。電圧が日本と異なりますが、最近のパソコンやタブレット端末、スマートフォンは、100~240v(ボルト)対応のものがほとんどですので、充電器の表示をご確認ください。変圧器が必要な場合、セブで購入可能ですが、品質があまり良くないものもあるため、使っていない時にはコンセントから抜いておくようにしてください。ドライヤーは、各部屋に一台ご用意しています。

ノートパソコンは持って行った方がいいですか?

ノートパソコンは、基本的には不要です。スマートフォンやタブレット端末でインターネットを利用される方がほとんどです。

日用品は現地で購入できますか?

近隣のショッピングモールで、日常生活に必要なものはすべて購入可能ですが、お申込み時にPDFファイルでお送りいたします「留学ハンドブック」に、日本から持ってきた方が良いものの一覧がございますので、ご参照ください。

クレジットカードや国際キャッシュカードは使えますか?

クレジットカードや国際キャッシュカードを利用して、現地のATMからペソ現金を引き出すことが可能です。カードの裏に”Cirrus”または”PLUS”マークがあることをご確認ください。これらいずれかのマークがない場合は引き出しができません。なお、突然のシステムエラー等で、一時的に利用不可になる場合もございますので、ある程度の現金をご持参いただくことをお勧めします。

週末の過ごし方について教えてください。

週末には、セブシティ-近辺はもちろんのこと、ボホール島観光、マクタン島の海、ジンベイザメと泳ぐセブ南部オスロブへの日帰り旅行やボランティア活動等、皆様思い思いに楽しんでおられます。オフィスにてご相談いただけますと、お勧めの旅行会社等をご紹介しますので、お気軽にお声かけください。