スタッフブログ

帰国前PCR検査 ~ジャパニーズデスク編~


こんにちは。

セブ島英語学校Stargate(スターゲート)のマネージャーのMinaです。

現在、日本政府の水際対策の一環で日本に入国するためには、出国する国で搭乗前72時間以内の陰性証明書が必要です。(2022.8月現在の情報)

日本に帰国する生徒さんはセブ市内の陰性証明書の発行が可能な病院で必ず検査を受ける必要があります。

でも帰国するために必須な陰性証明書を取得する際に、申し込み手続きや病院での対応などをすべて英語でしなければいけないのは不安ですよね。

スターゲートからタクシーで20分程の所にあるジャパニーズヘルプデスクでは帰国前PCR検査を日本語でサポートしてもらいながら受けることができます。

予約から検査結果の受け取りまでをまとめてみましたので、参考にしてください!

1.ジャパニーズデスクとは?

ジャパニーズヘルプデスクはCebu Doctors’ University Hospital(セブドク)に併設されており、海外での急な病気やケガの時に安心して病院で診察できるように日本人スタッフがサポートしてくれます。帰国時PCR検査も日本語で申し込むことができます。(検査時は日本人スタッフは付き添いません)

2. 申し込み手続き

申し込みはメールで行います。
出国10日前ぐらいまでに、Stargate事務所でお申込みください。日本人スタッフが申し込み手続きをサポートします。
申し込み手続きの際には日本で取得したワクチン接種証明書をお持ちください。

【予約日の例】
土曜日朝9時に出国の場合、水曜日の朝9時以降に検査に行く必要があります。水曜日の午前中に検査を受けると、当日もしくはよく木曜日に検査の結果と証明書の受け取りが可能です。

通常は結果までに24時間~30時間ほどかかります。エクスプレス料金だと8時間~10時間ほどで結果がでます。

【料金】

検査費用 ①3,360ペソ(結果までの時間24時間~30時間)

②4,840ペソ(同8時間~10時間)

ジャパニーズヘルプデスクサポート費用 1,500ペソ

陰性証明書発行費用 214ペソ

計 通常料金 5,074ペソ(変動の可能性あり)

計 通常料金 6,554ペソ (変動の可能性あり)

※ジャパニーズヘルプデスクサポート費用 1,500ペソは現金のみですが、検査費用と陰性証明書発行費用はクレジットカードで支払い可能です。

3. 検査当日

検査当日は予約時間に遅れないように余裕を持って出発しましょう。
市内は渋滞することが多いので、予約時間より30分前には学校を出発することをお勧めします。
ガードマンに〇〇時にタクシーを呼んで欲しいとお願いすると正確な時間に出発できます。

行き先は「Cebu Doctors’ University Hospital」です。

伝わらないときは「セブドクター  near キャピトル」と言えばわかってもらえます。

裏口か表口か聞かれたら、表口と答えましょう。表口はジョーンズという道路側にありますので「Main entrance on Jones Street」と言えば表口で降ろしてもらえます。
裏口で降りてしまった場合も歩いて表口に行けば問題ありません。

3-1. ジャパニーズヘルプデスクで受付をする

予約時間にジャパニーズヘルプデスクに行きます。

ジャパニーズヘルプデスクはセブドクターズホスピタルのメインエントランスの横にあります。


中に入ると日本人スタッフとフィリピン人スタッフが対応してくれます。
必要書類は事前にメールで送るので、当日は必要費用だけ持っていってください。

3-2. 検査会場に移動する

検査会場はセブドクターズホスピタルの近くの駐車場の奥にある特設会場で行います。

フィリピン人スタッフが書類を準備し検査会場まで連れていってくれますが、この時に名前を間違われる可能性もありますので、必ず自分の名前を伝えて、フィリピン人スタッフが持っている書類の名前が自分の名前かしっかり確認してください。

病院の中を通って検査会場まで移動します。





駐車場の奥に特設会場があります。

3-3. お会計をする

フィリピン人スタッフが受付をしてくれるので、順番が来るまで待ちましょう。
(この日は40分程待ちました)
ジャパニーズデスクサポート費用1,500ペソは現金でフィリピン人スタッフに渡します。


お会計の場所の奥にトイレもありますが、あまり綺麗ではありませんでしたのでジャパニーズヘルプデスクのトイレを利用されることをお勧めします。

3-4. 検査を受ける

特設会場の横でPCR検査を受けます。

検査が終われば終了です。そのまま帰宅しましょう。

先生たちはレッスンキュービクルで待ってくれていますので、そのまま授業を受けていただけます。

4. 検査結果

4-1. 検査結果の連絡が来る

検査結果は通常検査だと24時間~30時間ほどかかります。エクスプレス料金だと8時間~10時間ほどで結果がでます。結果がでると申込時に伝えたメールアドレスor電話番号に連絡が来ます。連絡が来たら証明書をジャパニーズデスクまで取りに行きます。

検査後24時間ぐらいまでに、連絡が来ない場合はジャパニーズヘルプデスクに電話で問い合わせください。待っていてもメールが届かなかったケースがありますので早めに問い合わせましょう!

4-2. 紙の証明書をもらいに行く

メールを受け取った後、ジャパニーズデスクに行くと紙の陰性証明書がもらえます。

陰性証明書がもらえました!!

最後にの名前がパスポートの表記と同じか、生年月日が間違ってないか検体採取時間が72時間以内になっているかしっかり確認しましょう!
(パスポートの表記と相違があると陰性証明書と認められません)

生徒のみなさんが無事陰性結果を受け取り、予定通り帰国されることを願っています!